• ホーム
  • プレマリンでホルモンを補充して更年期障害克服!

プレマリンでホルモンを補充して更年期障害克服!

2019年12月25日
微笑む女性

更年期の時期に起こる症状を更年期障害と言います。更年期障害は、病気ではなさそうなのに不定愁訴を訴えることがある症状として位置づけられており、病気が原因で起こる症状ではない、ということです。更年期障害は、卵巣の機能が低下することで卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少していまい、脳が指令を出しても分泌することができないため自律神経が乱れ様々な症状を引き起こすのです。体の老化だけでなく、そもそものその人の性格や社会的な背景、環境なども関係しており、原因を一つに特定することはできないことが多いです。

このような更年期障害を軽減する治療法に、ホルモン補充療法や抗うつ剤の使用、漢方療法といった薬物療法、心理療法などがあります。ホルモン補充療法で使用される治療薬であるプレマリンは、卵胞ホルモンを含んでいるホルモン剤で、ファイザーから販売されている薬です。ファイザー製品は安心なものが多く、ホルモン剤のプレマリンに関しても卵巣や子宮に過剰な刺激を与えない他、臨床試験においてもめまいやほてりを改善することが確認されています。治療薬として使われるプレマリンは、結合型エストロゲンが含まれているので、服用することで自律神経を正しくし、体のいろいろな器官の機能を活性化させるので、めまいやほてり、頭痛といった症状を緩和することができるのです。

プレマリンに含まれる結合型エストロゲンは、体の仕組みとしてホルモン分泌をするように作用するので、体に負担にならず、服用をした人の半数以上が効果が出たと臨床効果も確認されていますし、閉経によって起こる老人性膣炎の臨床効果もあります。

プレマリンの飲み方は1回1錠を1日1回服用します。プレマリンの場合、飲み方に決まりはなく、自分の好きな時間に飲むことができるのですが、より効果を得るには毎日決まった時間に服用するほうが良いでしょう。

副作用としては乳房が張る、性器出血、頭痛や悪心、体重増加などがあります。これらの副作用は、比較的起こることで、ホルモンのバランスの変化で起きていますが、まれに血栓症を起こすことがあります。足がしびれたり胸痛が見られてたりした場合は血栓症の疑いがあるので、服用を中止するようにしてください。

なお、プレマリンは個人輸入でも購入することができます。個人輸入をする場合は代行している通販サイトを利用すると便利です。代行通販サイトでは普通にネットショッピングを楽しむように購入できるので、購入に手間取ることはありません。